ナレーションにも個性が必要

見直したいナレーション

ナレーションは、テレビではおなじみのものとなりました。
最近ではドラマやCMで用いられる言葉ですが、元は映画や演劇などで物語を語ることをこう呼んだといいます。



昔話でいうと、「語り」に相当するものだと考えればわかりやすいと思います。



ちなみに、ナレーションをする人を、ナレーターと呼びます。



みなさんは、よく目にしていたCMやテレビ番組のナレーターが、実は有名な人だったという経験ありませんか。



番組最後のクレジットを見るまで、その人だと気付かないなんてことも多いと思います。

そのように、普段声優の仕事をしている人や、芸人さんがナレーションをすることも、近年増えてきているそうです。
画面に映らずに、声だけで表現することは、至難の業であり、ナレーションには高度なレベルの技術が求められます。最近では、プロのナレーターを養成する学校もあることから、アナウンサーや声優と同じように、トレーニングが必要だということがわかります。
養成学校があると述べたように、誰でも簡単にナレーターを務めることができるわけではありません。
ナレーターになるためには、様々な厳しい条件に合わなければならないのです。

たとえば声では、特徴的な耳に残る声や、良い声の人が求められます。



たしかに、ナレーターの声は聞き取りやすいものが多く、とても印象に残ります。



「この番組にはこの声」と思わされてしまうものもあります。

いつもは何気なく聞き流しているナレーションも、今一度耳を傾けてみると、面白い発見ができるかもしれません。

    関連リンク

    • ナレーション制作会社って?

      ソーシャルゲームからCMまで幅広く使われているナレーション。最近では結婚式や会社のイベントで使う映像にプロのナレーションを付けることもあります。...

      detail
    • ナレーション(ナレーター)の仕事について

      まず、ナレーションとは物語を語ること、テレビやCM、スポーツなどで画面上にいない人がその状況や内容について解説することをいいます。ナレーションをする人のことをナレーターといい、この人たちは声優が演技するように、アナウンサーが間違えず確実な真実を伝えたりするような技術を必要とされます。...

      detail