ナレーションにも個性が必要

ナレーション(ナレーター)の仕事について

まず、ナレーションとは物語を語ること、テレビやCM、スポーツなどで画面上にいない人がその状況や内容について解説することをいいます。



ナレーションをする人のことをナレーターといい、この人たちは声優が演技するように、アナウンサーが間違えず確実な真実を伝えたりするような技術を必要とされます。例えば俳優のように前々から台本を渡されるわけではなく、ほぼ本番直前に渡されるので、台本を即座に読む反射神経をつけなければいけなく、それに映像に説明という命を吹き込むかのように声をいれなければなりません。



ですが、ナレーションがあるからこそ、番組を見ている私たちは内容を深く理解し、感情移入して感動や笑い、怒りなどの感情を持つことができるのです。

だからこそ、ナレーターという仕事はとても重要視されています。


ナレーションと聞いて連想されるものといえば、テレビ番組やCMのナレーションが主流ですが、カーナビや電化製品の音声、オーディオブックの読み上げ、博物館の副音声、電車やプラネタリウムのアナウンス、コンサートの進行アナウンスなどもナレーターの仕事です。



こう考えるとすごく身近な仕事ということです。



ナレーターになるとするならば、専門校で勉強するのも手ですが、現在一般人でナレーターになられた方もいらっしゃいます。



ということは、きちんとした声でみんなが聞き取りやすく明るい日本語の話し方をしていれば、道は開けるということです。



    関連リンク

    • 見直したいナレーション

      ナレーションは、テレビではおなじみのものとなりました。最近ではドラマやCMで用いられる言葉ですが、元は映画や演劇などで物語を語ることをこう呼んだといいます。...

      detail
    • ナレーション(ナレーター)の仕事について

      まず、ナレーションとは物語を語ること、テレビやCM、スポーツなどで画面上にいない人がその状況や内容について解説することをいいます。ナレーションをする人のことをナレーターといい、この人たちは声優が演技するように、アナウンサーが間違えず確実な真実を伝えたりするような技術を必要とされます。...

      detail