ナレーションにも個性が必要

ナレーションの仕事について

ナレーションは物語を語る事ですが、映画や演劇では冒頭で物語が語られる事もあります。



これについてはナレーションと呼ばれており、それを実行する人はナレーターと呼ばれているのです。テレビの番組やコマーシャルでも画面には出て来ませんが、言葉だけで内容について説明が出て来ますが、こもナレーションと言えます。



ナレーターになりたいのでしたら、様々な方法があり、例えば専門で育成している専門学校も存在しています。



さらに声優等を育成している学校でもナレーターに必要なスキルを勉強出来る所は多いです。



ナレーションをするナレーターに関しては特別な資格等は必要ありませんから、あくまで自分の実力次第の所があるでしょう。


オーディション等を行っている事もありますので、そこに応募をする事でナレータになる事も出来ます。
ナレーションはただ声を出して説明をするだけで全てが大丈夫な訳ではありません。



きちんとした知識が必要になっているのですが、それは説明をする技術だけでは無いでしょう。



例えば、ニュース等でも必要になる仕事ですから、時事情報等について慣れておかなければなりません。
バラエティで行う仕事と、ドキュメンタリーやニュースで行う仕事はまた全然違って来ますので、声を充てる対象を考えて行わなければならないのです。

柔軟な対応が出来るようになるためには、知識を身に付けて専門用語をきちんと理解して、自分の中で慣れた状態で行わなければ良い仕事は出来ないでしょう。

    関連リンク

    • ナレーション(ナレーター)の仕事について

      まず、ナレーションとは物語を語ること、テレビやCM、スポーツなどで画面上にいない人がその状況や内容について解説することをいいます。ナレーションをする人のことをナレーターといい、この人たちは声優が演技するように、アナウンサーが間違えず確実な真実を伝えたりするような技術を必要とされます。...

      detail
    • 見直したいナレーション

      ナレーションは、テレビではおなじみのものとなりました。最近ではドラマやCMで用いられる言葉ですが、元は映画や演劇などで物語を語ることをこう呼んだといいます。...

      detail